ポケカ

『ポケカ環境考察:テラキオン』

仰天のボルテッカーで登場した、テラキオン。って強くないですか?

条件付きで3エネ(闘・闘・無)160点の打点が出せる、いたってシンプルな非エクポケモンですが、格闘タイプは打点を上げれるんです。

 

現在、ピカチュウVmaxやムゲンダイナVmaxが流行っている環境なので、かなり強く立ち回れると思います。

【仰天のボルテッカー:テラキオン】

グラウンドパワー」場に自分のスタジアムが出ているなら、80ダメージ追加

スタジアムが出ているだけで160点打点が打てます
闘エネルギーが2個必要なため、1ターンで技を打つためにはエネ加速が必要ですが、格闘にはエネ加速カードが少ないのが残念です。。。「黒帯」などのサイドが負けている場合に働くグッズはありますが、調節が難しいため今回は採用せず。

※仰天のボルテッカーから登場した、サポートカード「サイトウ」は運が絡む効果ですが、1ターンで攻撃できる可能性も十分にあります。

 

 

➀スタジアムによるダメージ増強

格闘道場を場に出すことでダメージ+10、サイド差がある場合は+40となります。

サイドが負けている場合は、グラウンドパワーのダメージがなんと、200点となります。HP200以下のVポケモンは問答無用で気絶させることができます。

スタジアムは火力アップに必須なので、テラキオン採用の際は3枚積みでも問題ないと思います。

②サポートによるダメージ増強

仰天のボルテッカーから収録された、打点増強のサポート。

バトルポケモンに対するダメージが+30されるシンプルなダメージ増強カード。テラキオン自体、必要パーツの少ないポケモンのため、ダンデを打つタイミングは結構多いと思います。打点調整にも使える便利なサポートです。

 

➂特性によるダメージ増強

置いておくだけで、ダメージが+20採用しない理由がないカードです。しかしプリズムスターのため1枚のみしか入れられません。できるだけ序盤からサイドに置いておきたいですが、ボスの指令には注意が必要です。まぁ注意してても倒される時は倒されるのですが。。。

 

 

【ダメージ計算】

・サイドが勝っている時

格闘道場+ディアンシー+ダンデ +グラウンドパワー= 10+20+30+160=220点!

・サイドが負けている時

格闘道場+ディアンシー+ダンデ +グラウンドパワー= 40+20+30+160=250点!

Vmaxをワンパンする力はないですが、非エクにしては十分すぎる火力ですね。しかし!火力だけ見れば、もっと火力を出せるポケモンはたくさんいます。今回テラキオンをピックアップしたのには理由があります!

それは、テラキオンの逃げるエネルギーが4なのです。つまり「ムキムキパッド」対応、さらには格闘タイプだけのストーン闘エネルギーによる耐久の上昇が可能ということです。

テラキオンのHP140にムキムキパッドでHP+50されてHP190。さらにストーン闘が3個ついていると実質HP250!

HP250のダメ220~250点の非エクといえば、めちゃくちゃ強いですよね。

ちなみに、今回紹介したすべてのカードはセキタンザンVmaxデッキに無理なく入るカード達ですので、是非サブアタッカーとしてテラキオンを採用してみてはいかがでしょうか!

ただ草弱点なので、ジュナイパーは無理です。。。

-ポケカ